プログラミング学習で紙のノートに書くのは効率が悪すぎるという話

「最近プログラミングの勉強を始めました!そこで質問なんですが、プログラミングの勉強に紙のノート使うのと、PCのメモを使うならどっちがいいですか?」

今回はこんな疑問に答えて行きたいと思います。

【本記事の内容】

  • プログラミングの学習で紙のノートを使うデメリット
  • PCのメモを使うメリット

ちなみに筆者は完全に独学でフリーランスのコーダーになりまして、今まで紙のノートをずっと使っていたのですが、最近になってPCのメモなどを使うようになって紙のノートを使うことの効率の悪さに気付いてしまったため、本記事を書きました。

(今まで使ってきた6冊のノートたち…↓↓)

ノート6冊

スポンサードサーチ

プログラミング学習で紙のノートに書くのは効率が悪い理由

ではまずは、プログラミング学習で紙のノートを使うのは効率が悪い理由を解説したいと思います。

理由は以下の3つ。

  • コピペできない
  • 無駄に時間がかかる
  • 探すのも大変で復習の効率も悪い

では詳しく見て行きましょう。

コピペできない

プログラミング学習で紙のノートを使うのは効率が悪い理由の1つ目は「コピペできない」ことです。

PCのメモ帳などに学習の記録やコードを書いていると簡単にメモ帳からコピペできます。

しかし紙のノートでメモしていると当然コピペはできないので、必要になったらノートを見ながらコードを書いていくことになります。

そうなるとそもそも時間がかかりますし、スペルミスなどでエラーが出てそのエラーを解決するのに数十分かかったりすることもあってものすごく効率が悪いです。

「いやいや、最初のうちはコピペじゃなくて自分で1つ1つコードを書くのが大事でしょ!」という反論が来そうですが、その場合はPCのメモを見ながら、コピペせずに1つずつ打ち込めばいいだけです。

無駄に時間がかかる

2つ目は無駄に時間がかかるということですね。

無駄に時間がかかるとは具体的に何かと言うと、紙に書くほうが単純に書く時間がかかるということです。

個人差はあるかと思いますが、基本的にプログラミングを勉強してる方なら紙に手で書くより、キーボードを打つ方が早いかと思います。

また紙のノートに書く場合、一回一回紙のノートからPCの画面に視線をずらすことになるので「あれ今さっきPCの画面で何行目まで見たっけ?」となり余計に時間がかかるので非常に効率が悪いです。

探すのも大変で復習の効率が悪い

3つ目は「探すのも大変で復習の効率が悪い」ということです。

紙のノートだと前に勉強したことを調べようと思ってもすぐ該当部分を見つけるのが難しいです。

確かに自分で目次を作ったり、付箋を貼るなどしてもある程度工夫はできますが、それでもPCのメモには敵いません

そして探すのに時間がかかるということは、当然復習の時間が無駄にかかることになるので効率が悪いですね。

時間は有限なので勉強には貪欲なまでに学習の効率を追求すべきですね。

PS.「やった気になる」というのも紙のノートの悪いところだと思います。なんかノート4〜6冊とか使うと大して知識が定着してなくても勉強した気にだけなるんですよね…。

*ただ紙のノートは全くの無価値ということではなく、少し複雑なものなどを理解するために図などを使って頭を整理するといった用途では使えると思います。

PCのメモを使うメリット

では次にPCのメモを使うメリットを簡単に解説したいと思います。

まあ紙のノートを使うデメリットの逆なんですが、PCのメモを使うメリットは以下の3つです。

  • コピペできる
  • メモする時間が早い
  • 過去の学習記録やコードを探すのが簡単

ちなみにここでいうPCのメモとは「EverNoteやPages、メモ」などのPCで記録できるツールのことを指しています。

コピペできる

1つ目のメリットはコピペできること。

先ほども解説した通り、コピペできると大幅に時間を短縮できます。

「いやいや紙に書いて勉強するほうが俺は覚えれるんだよ!」

という方もいるかと思いますが、正直いって紙のノートを使うよりもPCのメモを使うことによって得られるメリットのほうが明らかに大きいので、紙に書く派の方もPCでメモをとるようにしたほうが良いです。

加えて、紙に書く方が覚えれるというのは視野が狭い考え方かと思います。

確かに1回紙に書くのと1回読む(またはPCにメモする)のであれば、1回紙に書く方が定着度は高いかもしれないです。

しかし、紙に書くという行為は読む(またはPCでメモする)より時間がかかります。そして時間がかかるということは結果的に復習する時間が減ります。

なので時間をかけて一回紙に書くよりも、短い時間で何回も読む(またはPCでメモする)方が同じ時間内での学習の定着度は格段に高いのです。

メモする時間が早い

2つ目はメモする時間が早いこと。

これは先ほども解説した通り、手で書くより、キーボードを打つほうが早いから時間を短縮できるということですね。

過去の学習記録やコードを探すのが簡単

3つ目は過去の学習記録やコードを探すのが簡単ということ

これも先ほど解説した通り、探したいものがあれば検索にかければすぐに見つかるので時間を短縮できるということですね。

*PCのメモですが、僕はPages、Macのデフォルトで入ってるメモを使っています。他にはEverNoteなんかも使っている方が多いようです。

スポンサードサーチ

まとめ

プログラミング学習では紙のノートを使うより、PCのメモを使うほうが時間が格段に節約できて学習の効率を上げることができます。

もし今メインで紙のノートを使っているという方はぜひPCのメモを使ってみることをオススメします。

では今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應の通信課程に通う大学生。現在はフリーランスとしてコーディングなどの仕事を受けながら、受託開発してる会社でインターンしてます。