ブログ・プログラミング初心者がアウトプットすることを恐れてはいけない理由

こんばんは、Yukiです。

「初心者の自分がこんなブログ記事書いて公開したら批判されるのが怖い」

「初心者の自分がこんなサイト作ったと公開して批判されるのが怖い」

今回はそんな悩みを持った方向けに、ブログ・プログラミング初心者がアウトプットすることを恐れてはいけない理由について解説していきたいと思います。

スポンサードサーチ

アウトプットすることを恐れてはいけない理由

では初心者がアウトプットすることを恐れてはいけない理由を解説する前に、この記事を書こうとと思ったきっかけを軽く紹介します。

きっけけは一つのツイート

今日いつものように、ふと思ったことをツイートしたら結構反響がありました。

やはり多くの人は自分の作ったコンテンツを世に出すのは怖いと思っていると同時に、Twitterなどで批判的なコメントを受けるのが怖いのかなと思いました。

なので今回はこの内容を記事にしようと思った次第です!

なぜアウトプットすることを恐れてはいけないのか?

まず一つ言えることは、初心者でも積極的にアウトプットしている人の方が圧倒的に早く成長できるということです。

作品をアウトプットすれば、たくさんの方の目に触れることになりますし、運が良ければフィードバックをもらえることもあります。そうすると、次はもっといいものを作ろうと思えてまた努力しようという気になります。

「今のレベルで公開するのは恥ずかしいから、もっとうまくできるようになってから公開しよう…」

そう思っている方も多いかと思います。

ですが本気で結果を出したいなら怖さや恥ずかしさを捨ててアウトプットすべきなのです。

 

そして同じようにアウトプットすべきと仰っている実力者の方の意見もご紹介します。

氷犬さん、なかさんはお二人とも優秀なブロガーの方です。

なかさん(Twitter:@nakafreelog)

氷犬(Twitter:@icedog_410)

真似するのは悪いことなのか?

答えはNOです。

よくTwitterでは「あいつは〇〇の真似してるだけでしょ」なんてクソみたいなツイートをしてくる人がいますが、初心者のうちはどんどん真似すべきです。

もちろん真似といっても、誰かのブログ記事の内容コピペしたり、ホームページのソースコードをまるパクリするとかはダメですよ。

真似というのは例えばブログ記事なら記事の構成や、書き出し、タイトルの付け方、ページのデザインなどを真似してみるとかですし、Web制作だったら色の付け方や、アニメーションの付け方、全体の構成などを真似するってことですね。

そもそも世の中にあるほとんどのことが最初はみんな真似をしてるものです。

学校の数学の授業で習う数式だって、言ってしまえば何年も前にだれかが証明した公式を真似してるだけですし。

そして世の中には「守破離」という言葉あるくらいです。

*「守破離」…「守」は型、技を忠実に守り身につける時期のこと。「破」は自分にあった型を身につけるために既成の型を破る時期。「離」は師や流派から離れて新しいものを生み出していく時期のこと。

スポンサードサーチ

まとめ:初心者こそ上手い人を真似てアウトプットすべし!

まとめるとこんな感じ。

  • アウトプットすれば圧倒的に早く成長できる
  • 批判してくる雑魚は無視すべし
  • 初心者は上手い人を積極的に真似るべし

そもそもまともにブログ書いてない、プログラミングやってないようなプレイヤーじゃない人たちなんて、人を批判する資格なんてないのです。

なのでアホな批判をしてくる人を恐れずにどんどんアウトプットしましょう!

今回は以上です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    慶應の通信課程に通う大学生。現在はフリーランスとしてコーディングなどの仕事を受けながら、受託開発してる会社でインターンしてます。