【厳選】HTML,CSSの勉強で本当にオススメできる5冊を紹介!

今回はHTML,CSSの勉強で本当にオススメできる5冊をレベル別で、オススメな理由とともに紹介したいと思います。

レベル的には「初心者(Progateが終わったレベル)」「中級者(コーディングの案件を数件やったことがあるレベル)」が対象です。

ちなみに筆者はWeb制作などをやっている現役のエンジニアでして、HTML,CSSに関する本に関しては10冊くらい実際に買ってやりましたし、他にも有名どころの本はほとんど書店で読みました。今回はその中で本当にオススメできるものを厳選して紹介していきたいと思います!

スポンサードサーチ

初心者にオススメのHTML,CSSの本2冊

先ほども述べたとおり、ここで言う「初心者」とはProgateでHTML,CSSのコースを上級編まで終わらせた方のことを指しています。

もし初めてHTML,CSSをこれから勉強したいという方は、まずはProgateをやってから今回紹介する本をやることをおすすめします。

では早速紹介していきたいと思います、今回紹介する初心者にオススメのHTML,CSSの本2冊はこちら!

  • いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門
  • HTML5/CSS3モダンコーディング

詳しく「オススメの理由」と「学べる内容」について見ていきましょう。

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門

この本は、図や画像が多めで非常に読みやすく、レスポンシブコーディング、フレックスボックスなどのHTML,CSSの必須知識を体系的に学べるだけでなく、画像ファイルの種類や、フォルダの構造、相対パスなどの実践的な内容が学べる非常に良書です。

前半でHTML,CSSの基本知識の解説、後半で学んできた内容を使って実際にHPを作るという構成になっています。Progateをこなしてきた後の方には、それほど難しいと感じることなくサクサク進めれるかと思います。

HTML5/CSS3モダンコーディング

この本は、近年主流なデザインのサイトを3つ作成していくというかなりボリューム満点な一冊なのですが、モダンなデザインのサイトのコーディングが学べるだけでなく、細かいHTMLタグの使い方や、IEなどのブラウザ対応に関する実践的な内容も多く載っているため、こちらも非常に良書です。

難易度は少し高めですが、この本の内容をしっかり自分のものにできればHTML,CSSの実力は格段に上がります。

中級者にオススメのHTML,CSSの本3冊

次は中級者向けにオススメの本を3冊紹介していきます。

ちなみにここでいう「中級者」とは、クラウドソーシングやコーダーのアルバイトなどの実務で数件コーディングの経験がある方のことを指しています。

中級者向けにオススメの3冊はこちら!

  • HTML5&CSS3デザイン現場の新標準ガイド
  • Web製作者のためのCSS設計の教科書
  • フロントエンド専門制作会社が教える早く正確なWeb制作のための実践的なメソッド

では詳しく見ていきましょう。

HTML5&CSS3デザイン現場の新標準ガイド

この本は、「フレックスボックス」や「グリッド」などの最新のCSSプロパティに関して非常に詳しく解説している一冊で、特にフレックスボックスに関しては非常に詳しく解説されているので、フレックスボックスの機能を完璧に使いこなしたい!という方には非常にオススメです。

1冊を通してHTMLタグの役割や機能、CSSの細かいプロパティなどの解説していくというもので、サイトを作るというものではなく、辞書的な構成となっています。

Web製作者のためのCSS設計の教科書

タイトルの通り「CSS設計」を学ぶものです。CSS設計とはCSSを記述する時のルールのようなものでして、下層ページが何ページもあるようなコーポレイトサイトやアプリなどをコーディングしたりする際に必要になってくる知識です。

「破綻せず」「効率的に」「誰にでも理解しやすい」CSSを書いていくために必要な知識を「BEM」や「SMACSS」などの有名なCSSの設計思想とともに解説している一冊となっています。

内容としては図や画像が多く使用されているためわかりやすく、分量としても200ページほどなのでサクサク進めることができるかと思います。

コーダーやフロントエンドエンジニアとしてのスキルを高めたいなら必ず学んでおきたい知識の1つかと思います。

フロントエンド専門制作会社が教える速く正確なWeb制作のための実践的なメソッド

この本では、HTML,CSSの細かいタグやプロパティについて解説するものではなく、「どうゆう手順でやれば効率的なコーディングができるのか」や「コーディングの効率化のために有効なツール」、「実際に制作会社が利用しているコーディングガイドラインやテンプレート」など現場で培われたノウハウやテクニックが数多く紹介されています。

自分のコーディングのやり方に不安がある方や、もっと効率的で規則的なコーディングができるようになりたいと考えている方には非常にオススメの一冊です。

スポンサードサーチ

まとめ

ということで、今回はHTML,CSSで本当にオススメできる5冊を紹介してきました。

ですが、今回紹介した本が合う合わないは人によって個人差があるかと思うので、書店に足を運んで実際に内容を見てから、判断してみるのも良いかもしれません。

では、今回は以上です!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    慶應の通信課程に通う大学生。現在はフリーランスとしてコーディングなどの仕事を受けながら、受託開発してる会社でインターンしてます。