【よくわかるHTML5&CSS3の教科書 第2版】やってみた感想

こんばんはYukiです。

今回は

「よくわかるHTML5&CSS3の教科書(第2版)」

という技術書をやってみた感想

ということで技術書の難易度や内容、進め方を紹介したいと思います。

技術書選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

 

スポンサードサーチ

技術書の難易度

自分は

→Progate

→ドットインストール(HTML、CSS基礎文法入門)

→「よくわかるHTML5&CSS3の教科書」

の流れでやりましたが半分くらい知ってる内容で

カラフルで説明も丁寧でわかりやすかったので

たいして苦労することなく終わらせることができましたし

ちょうどいいレベルの技術書だったなといった感じでした!

 

HTML&CSSについて何も知らないという方には

少しハードルが高いかなと思いますが

ProgateでHTML&CSSについて一通りやった方なら

難なく進めれると思います。

 

技術書の内容

内容としては入門〜初級レベルといった感じで

Progateでやった内容が半分

新しい内容が半分くらい

といった感じでした。

 

Progateでは扱っていない細かい知識が

かなり整理できます。

 

特にこの技術書で重要だと感じたのは

・特別な書き方が必要となる文字(<,>など)

・background-size , background-position

・line-height

・nth-child

・marginの相殺

・相対配置、絶対配置

・フロートの解除

・vertical-align

あたりです。

ここら辺はProgateでは深く扱っていませんが

かなり重要なのでしっかり勉強しときたいところです。

 

※この技術書ではフレックスボックス、レスポンシブデザイン

については扱っていないです。

 

スポンサードサーチ

技術書の進め方

最初から全部を理解しようとしないでください!

 

1周目全体を30分くらいで読み流して、

どこに何書いてあるか

知ってる内容と知らない内容を区別する

というのを意識して進めてください!

この時点で詳しい内容は理解しなくて大丈夫です!

 

2周目知らない内容だけピックアップして熟読し

自分で用意した開発環境にコードを書きながら

ブラウザでその動作を確認する!

ここまでやって

70%くらい理解できれば十分です!

読んでもよく分からないなというものもとりあえず

技術書に載ってるコードを書いてみて

ブラウザにちゃんと反映されているかだけ確認してください!

 

3周目以降:2周目と同じことを繰り返してください

何度も繰り返していると

前回分からなかったこともわかってくると思います!

 

そしてだいたい理解できるようになったら

巻末にあるサンプルページを作ってみてください!

サンプルページに書かれているコードも

理解できるようになれば完璧です!

 

何も見ずに1からサンプルページを作れるようになる必要はないです。

 

まとめ

Progate終わりに知識整理するにはもってこいの技術書。

レベル的にもProgate終わりの方にはちょうどいい。

ただ、この技術書は少々古いのでフレックスボックスや

レスポンシブデザインについて乗ってないという欠点があります。

 

なので最短で稼ぎたい!と考えてる方にはあまりお勧めできません。

どちらかと言うと

ゆっくり知識整理したい!という方向けだと思います。

 

最短で稼ぎたい!という方は

こちらの記事を参考に

>「Progate卒業した人向け」HTML&CSSオススメの技術書

「いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門」

という技術書をやるのがいいと思います。

 

この記事が皆様の技術書選びの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應の通信課程に通う大学生。現在はフリーランスとしてコーディングなどの仕事を受けながら、受託開発してる会社でインターンしてます。